10月16日

思い返せば、人に迷惑をかけてばかりの人生だったように思う。

そしてそれは恐らく正しい。

人間は産まれながらにして未熟な存在であり、成熟するのに時間がかかる生物であるので、まだ20年しか生きていない私が人に迷惑をかけてばかりだったのも当然だ。

これから先の人生(もう少し先の話かもしれないが)、迷惑をかけられる側として生きていくのであろうし、その為にも私はこれからも生きてゆかねばならない。
自分が人に迷惑をかけてばかりだと思うならば余計に。

後悔することも多い。
自ら絶った縁は、もう一生元に戻ることは無いのかもしれない。

また元に戻れたらというのが自らのエゴであるのはわかってはいるが、それを願わずにもいられない。


今日、iPhoneのアルバムを整理した。
もう縁が切れてしまった人達の写真を消せずにいる。

どうしようもない気持ちになる。
悪いのは100%自分。

引越しや転校が多かったので、友人はいても今も仲良くしてくれる友人はほとんどいない。
そんなものだと言ってしまえばそれまでであるけれど、離れてもなお仲良くしてくれていた友人を断ち切ったのは自分だ。

中学の頃の友人達と、仲良く出来なくなった。
当時の自分は何をどう考えていたのだろうか。
全部を失った方が楽だと思ったのだろうか。
自分を知る人が少なければ少ないほど死にやすいと思ったのだろうか。

過去の自分の選択に首を絞められる。

母親のよく言っていた「友達は財産」の教えを何も活かせはしなかった。

自分は死ねなくなってしまった。
弟もいなくなった。

寂しい。

どうやって生きたら良いのかわからない。



弟が死んで1週間の内、一番泣かなかったのは私ではないかと思う。

それは死を受け止めきれなかったからなのか。
周りの人間が泣いていたからなのか。
人前であったからなのか。
よく分からないけれど。

悲しそうじゃないと言われた時、実際に一番強い感情は悲しいじゃなかったように思う。
それは単に自分に言い聞かせていただけなのかもしれないけれど。

私が鬱になったのは、家族の前で悲しい気持ちを出せないからなのかもしれないと思う。

自分は友人といる時はいつも普通に元気で、もちろん家族の前でもそうで、まぁ普通人はそうなのだろうとは思うけれど、私はその気持ちが強いのだと思う。

カウンセラーさんの前でさえそうで。
3回目を過ぎると会う時には元気になっている。
一人になると死にたくなるのに、それさえも無かったかのように、会う約束の日が近づくにつれて元気になる。

でもそれも多分、そうあるべきという考えからの自己暗示のようなものなんだろうと思う。

弟の葬式で泣けなかったのも、みんなより大丈夫だったのも、そういうことなんだろうと思う。

弟の死の知らせを聞いた直後は号泣していたのに、バイト先に泣きながら連絡を入れた後からは大丈夫だった。
その後友人からの電話で弟の死を話す頃には、もう大丈夫になっていた。

でも全然大丈夫じゃない。
一人になるといつも考える。
弟のこと。死ぬこと。
私のせいで弟は死んだんだと思う。

弟が死んでしまってから、生に一層希望が持てなくなった。
一人になるといつもこうなのだ。

友人といる時は嘘みたいに楽しいのに。
それも嘘ではなくて、必要以上に負の感情を抑えて見ないふりをしているのだと思う。

弟は毎日のように夢に出てくる。
何度謝っても、私の気は収まらない。

どうやって生きていけば良いのだろう。

7月2日

しなければいけないことを何もしたくない

大学をやめたい

バイトもやめたい

絵と文字を書いて、何となくやりたいことをやって、なんとか生きていきたい

働きたくもない

他人と関わりたくない

何もしたくない

どうしたらいい

7月1日

人は感情で生きている。

理性的になるのは、感情の後だ。
感情を抑えるために理性が働く。

感情を大きく揺さぶられる時、或いは負の方向へ感情を揺さぶられそうな時、人は自己防衛に走る。

例えば、暴力だとか。暴言だとか。

理性的に生きることよりも、感情的に生きることの方が本能的で人間的なのだと思う。
ただ、理性の働かない人間は"子どもだ"と揶揄される。大人になるにつれ我慢を憶え、感情を抑える術を得る。
そうやって生きていくことが、多くの人間にとって生きやすい道であるからなのだろう。

私は自己中心的な人間がイヤだ。
自分も含め、人間はどこか自己中心的ではあるものだとは思っているが、簡単に怒る人間や陰口を言う人間など他人を巻き込む自己中が嫌いだ。
しかし、陰口というのも一つの人付き合いであり普通のことでもある。それを苦手だとするならば自分の方に問題があるのだと言うこともわかる。
イヤだと公言するのもまた自己中。
せめて何となく話を合わせられるくらいには自分の信念やプライドを曲げられたら良かったんだけど。
イヤなものはイヤなので仕方ない。


私の母は父の悪口をこれでもかというほど父本人に、そして私に伝えてきた。
人のせいにしなければどうしようも無いほどに感情が揺さぶられたのだろう。
私は母も同罪だというようなことを返信し、怒られ、縁を切られかけた。

母はしばらくするとまた私に連絡をとるようになった。
恐らく恋人に諭されたのだろう。
ごめんなさいとありがとうと服とご飯を送ってくれた。ので許した。

でも父は母を許さなかった。
母が父を憎いように、父も母が憎くて、父はただ母よりも理性的に、何も言わずに憎んでいただけだった。
お金の話をした後に2人は絶縁した。

私は一連のゴタゴタがやっと片付き、疲れからか風邪を引いた。
咳はまだ収まらない。

弟が死んだ時、私は生きなきゃと思った。
お姉ちゃんは頑張らないとといろんな人に言われ、生のプレッシャーを感じた。

でも今はそういうのもどうでも良くなった。
ただ生がめんどくさいと思うことが増えた。
身体を動かすことが嫌になった。

文字を書いてこの無理を昇華すること以外、どうしたら良いのかよくわからない。

生はしょうもない。
生きれば生きるほどに感じていく。

本当は、生は素晴らしいと思いながら生きていきたかった。
私には、何が足りなかったのだろうか。

6月8日

人間はやっぱりクソだ

人が死んでいるのに
お前を恨む、お前が憎いだの

誰かに怒りを向けなければやり切れないのだろうか

なぜ死体の前で祖母が母に、母が父に恨み言を言うのだろう

死体を見た時には涙も出なかったけれど、後ろで汚い言葉が飛び交い始めた瞬間に、情けなくて、馬鹿馬鹿しくて、どうしようもなくて、涙が出た

6月6日

弟が死んでしまった

まだ全然実感がわかない

明日のバイトは休みますと連絡を入れた
大学にも連絡を入れなければ

私は今生きている
死んでしまうってなんだ

ショックはショックなはずなんだけど
たまに涙も出るけれど
まだ本当は嘘なんじゃないかと思ってる

信じられない

人は突然いなくなる

人間はただ生きて死ぬだけと
自分は死にたさを抱えて生きてきたからか

今は不思議に落ち着いている

どうだろう
多分理解が追いついていないだけなんだろうな

弟が死んだなんて嘘みたいだもん
悪い夢でしょ

。。。

最近流行りの画像がある。
「いいねと思ったらRTしよう!見てもらえる人が増え、作者のやる気に繋がるよ!」
というやつ。

言ってることは普通だと思うのだが、それがめちゃめちゃ拡散された。
同意のRTだけではない。書いた人を叩くようなリプがたくさん飛ばされた。
作者はリプに基づき全てに"こういう意味でいいました"というような脚注を付けた。
それもまた賛否両論で拡散されているらしい。

んー、めんどくさい、めんどくさ過ぎないですか。

画像を描いた人が言おうとしていることは単純なことであるのに、細かいところにつっかかる人間が多すぎる。

今回の件に限らず、Twitterではしょっちゅう炎上が起こる。
どこにイラッとするのかは知らないけれど、それは大抵発信者の伝えたいこととは違う。
勝手に自分の中で人の言葉につっかかり、伝えようとしている本質とは違うところで怒る。

その言いたいことが気に食わないなら気にしなければ良いのに、わざわざ知り合いですらない相手に「自分はそうは思いません」と言う。

思ったことを好きにつぶやくのがTwitterであるはずなのに、勝手に第三者が「それはおかしい。俺はそうは思わないから」と怒る。

どう思おうが自由ではないのか。
どうしてそうも押しつけがましいのだ。

人に迷惑をかけたり、あからさまに馬鹿らしいことをして炎上しているのはまぁわかる。
でも、最近は自分の意見を発信するだけでそこらじゅうから叩かれ炎上している人を見る。

ぜんぜんわからない。
もっとやさしい世界になってくれ。

インターネットであれば相手の顔が見えないからであろうか。
発言には必ず発言者がいて、何らかの考えを元に、その人が思ったことをつぶやいているだけである。どう思おうとその人の勝手である。
なのに自分の意見と違うだけで他人に「おかしい!!」と言う。

そんな形が蔓延している今のインターネットが嫌で仕方ない。

もっと思いやりを持てないのだろうか。
相手の立場になって想像したり出来ないのだろうか。

間違えているなら教えてあげれば良いだけで。
自分と別の意見を述べているのなら、ただ自分とは違う意見として捉えれば良いだけなのに。

人はなぜそんなに他人に向かって怒るのだろう。
他人に冷たい人が怖い。

5月1日

天気予報では晴れだったのに曇っていた。
作りかけのレジンがいつまでも乾かない。ベタベタする。

今日は前の彼女の誕生日だ。
今頃何をしているだろう。お酒が飲めるようになったのか。いいなぁ、自分もいつかまた一緒に話せる日が来たりするんだろうか。ないか。
20歳の誕生日を迎えないと飲めないお酒。
とかいいつつ何だかんだ黙認されるお酒。
しかし自分は1人でコンビニに行っても手が出ない。怖がりなので。

昨日は夢を見た。
可愛い女の子に好かれる夢。でもその子はどこか愛が猟奇的で、刃物等をこちらに向けてくる。殺されはしない。痛いのは嫌だから逃げたいが、少女に一切の悪意はなく逃げるに逃げられない。
夢の中で追いかけてくる存在は、どういった意味を持つのだろう。

大学では先生に褒められた。どちらかと言えば褒められに行った。思っていたのの10倍褒められた。「すごい」とあれだけ言われたのは久しぶりだ。承認欲求の回復。

働きたくない。働きたくない。

GWは2日することがなくなってしまった。
どうするかなぁ